香港カンフー武術學院 黄淳樑派詠春拳コース
ご覧のこのお方こそ我らが黄淳樑(1935年5月8日−1997年1月28日)師公(師傳の師傳のこと)であります。黄淳樑師公は「講手王」と呼ばれ、口で教えることよりも手(つまり腕ずく)で弟子達を教えた實戦の雄です。自身も若い頃は街の喧嘩に明け暮れたとのことです。
だからこそ中国武術で強くなりたいという方には南派少林正統の實用詠春拳「黄淳樑派詠春拳」を特にお勧めします。

黄淳樑派詠春拳は地元・香港でも実戦武術で一目置かれている門派で、絶大な人気があります。本學院では黄淳樑師公の直弟子である李恆昌師傳の方式をそのまま日本で練習しています。当學院では拳技の日本に於いて伝承保存や詠春拳の宣伝啓蒙を目的とした活動を行っております。
まるで香港で入門し、練習するのと全く同じ様に日本で練習することが出来ます。また、香港カンフー武術學院へ入學すれば日本にいながら香港の李恆昌師傳から直接指導を受けられるチャンスもあります。

型は実戦で使えます。でも型だけでは無理。型を実戦で活かすノウハウが必要です。そして詠春拳には実戦に使える技術が遺っているのです。
なかんずく黄淳樑派には従来の詠春拳より数段早く上達させる独特の学習システムが完備されています。黄淳樑師公が構築した独特の学習システムから、特に黄淳樑派の詠春は「詠春拳學」と呼ばれています。

この學という字には普遍性と言う意味が込められています。つまりシステム通りに学習さえすれば誰でも効率的に強くなれるわけです。黄淳樑派詠春拳は人間を強くする為の普遍的な公式で、即ち科学そのものなのです。

この効率的でかつ科学的な黄淳樑派詠春拳が日本で練習できる學院が近畿地方(大阪・京都・兵庫・神戸・奈良・和歌山・三重・滋賀)にやっとできました。
現在日本で實用詠春拳の黄淳樑派詠春拳が學ぶ事が出来る所は関西では大阪の本學院のみです。他に黄淳樑派詠春拳を練習出来る教室は日本にはありませんので充分ご注意下さい。指導は李恆昌師傳の直弟子である眞鍋嶽山が行います。

練習時間をお知らせ致します。

練習費用についてお知らせします。新規登録料、年会費、月謝6000円です。入學時は必要額の3ヶ月前納が必要になりました。

見学・体験参加希望者は香港カンフー武術學院新規申込者規約を熟読の上、専用お問い合わせフォームまで是非お問い合わせ下さい。
残念なお知らせかも知れませんが、2007年5月より黄淳樑派詠春拳コースをご希望の方は、一旦カンフー倶楽部詠春班に入部した後、インストラクターの推薦がないと入學できなくなりました。
まずはカンフー倶楽部の詠春班でしっかり基礎を練習して下さい。上手くいくと短期間で黄淳樑派詠春拳コースへ推薦されるかもしれないので頑張って下さいね。

また、カンフー倶楽部の詠春班でも続けていく自信がないキミにウィンチュン・フンガー同好會も出来ましたので安心ですね。

また、詠春拳なら何でも良い程度の動機で当サイトを訪問された方はリンクで紹介していますが、大阪には他に詠春拳を教えてくれる所がいくつかありますのでモチベーションの低い方はそちらへご応募下さい。
特に黄淳樑派詠春拳「詠春拳學」を近畿地方(大阪・京都・兵庫・神戸・奈良・和歌山・三重・滋賀)で最後までやり遂げたいと言う方のみご応募下さい。以上の事を充分ご考慮の上お申し込み願います。
当然の事ながら中拳オタはお断りします。

Click Here!

[戻る]